人類を救う自然食研究所のページ   

「食べたもので身体はつくられている。」

 

地球上のすべての生物には、それぞれに合った食べ物があり、その食べ物で身体は作られています。そして身体は常にサインを出しています。もしも不適切なものを食べ続けているとすれば、個人差はありますが高血圧・低血圧、低体温、肥満などのサインとなって出てきます。このサインを無視し続けると、やがて「病」という形で現れます。

 

 

戦後、日本では食生活の欧米化が進み、インスタント食品や食品添加物等が出回るようになりました。それに伴いガンを始めとした生活習慣病やアレルギーも増え続けています。医師不足の問題が出ている現代ですが、近い将来は2人に1人がガンで亡くなるといわれております。

 

 

多くの人は、病気になったら薬を服用することで症状を改善しようとしますが、病気を薬で一時的にしのいだとしても、症状を抑えるだけで、本質は変わらないのです。 あらゆる病気の原因は、免疫力低下を招く食生活にあるのですから、毎日の食生活を見直していくという気持ちに変えなければいけません。

 

 

味の素を始めとした化学調味料、着色料や防腐剤、人工甘味料などの食品添加物、これらが使われた調味料や加工食品に偏った食生活を見直し、免疫力を高めていくことで病気は改善・完治し、あなたの将来は長期間健康を維持することができ、医療に予想外のお金をかける必要がなくなるのです。

 

 

年々増え続けているガンなどの生活習慣病やアレルギー、感染症などの病に侵される前に、「免疫力を高めて健康を維持するためには、どんな食生活をするべきか」を考える時期に来ていると私は思います。

 

 

私はこれまで30年以上に渡り、糖尿病やガン患者に食事療法の指導をしてきました。その一方で、食と病の関係について研究を重ねてきた結果、病気には必ず理由があり、食を正すことで病気は改善・完治でき、身体の不調の予防にもなりうるという結論に至りました。それには、肉など動物性食品が中心の欧米型に偏った食事や味の素を始めとした化学調味料や食品添加物などの自然とかけ離れた食事を見直し、昔ながらの伝統的な日本食の実践で免疫力を高めていくことが重要なのです。

 

 

食と病の関係を追究する自然食研究所では、免疫力を高めて、生活習慣病や感染症、肥満、アレルギーなどを改善し、健康を維持していくための食生活のあり方や無添加の健康食レシピなどをこのページや自然食研究所のブログ上で紹介しております。私の自然食や私がすすめている玄米菜食で病気を改善していく考えに一人でも多くの人が共感し、食生活の参考にしていただければ幸いです。

 

 

自然食研究所 代表 佐藤一弘

 

 

食生活で病を改善したい人へ】 (PDFファイル)

 

 

 

 

 

 

 

  • 妊娠前・妊娠中の食生活が生まれてくる子供に影響を与える⇒

   pdf 妊娠前・妊娠中の食生活が生まれてくる子供に影響を与える.pdf (0.17MB)

 

  

 

【基本のレシピ】 (PDFファイル)

 

 

 

 

 

 

 上記資料の中で分かりづらい箇所や詳しく知りたいことなどありましたら、当店へいらしていただければお教えします。

 

 当店ご利用のお客様でご希望の方には、玄米菜食の調理法や病やアレルギーを改善し、健康を維持する食生活のアドバイスを無料で致します。